201508201700185045.gif
モバイルサイトにアクセス!
 
                    
 
 

くさのみ福祉会について

 

理念・事業

理念・事業
 
 
 
くさのみ福祉会の理念
 
くさのみ福祉会はすべての人は生涯にわたり発達していくという考えにもとづき
 
1, 利用者一人ひとりが生涯を通して心豊かに生きる力をはぐくみます。
 
2, 誰もがしあわせに暮せる社会をつくるために地域の人と力を合わせます。
 
3, 創造性にあふれた質の高い支援及び事業運営ができる職員集団づくりを
  目指します。
 

法人概要

法人概要
  ■法人名 社会福祉法人くさのみ福祉会
  ■所在地 〒738-0033
広島県廿日市市串戸五丁目3-22
  ■電話番号 0829-31-2800
  ■FAX番号 0829-31-2900
  ■代表者 理事長 川本 義弘
  ■設立年月日 1994年6月9日
  ■職員数 173名(2017年4月現在)
 

沿革

沿革
  1985年6月
(昭和60)
「働きたい」「語り合う仲間がほしい」「生き甲斐のある場が欲しい」と言う願いが高まり、在宅障害者、保護者、福祉関係者、廿日市養護学校教員が主になり、「作業所」をつくる運動が始まる。
  1985年9月
(昭和60)
障害者同士の親睦や、意思の疎通を図るため、週1回の集いを開く。
  1985年10月
(昭和60)
「作業所を育てる会」が発足。
  1986年1月
(昭和61)
「くさのみ作業所」が開所。
  1987年5月
(昭和62)
「くさのみ作業所開所1周年記念行事」が開催される。
  1988年8月
(昭和63)
「くさのみまつり」開催。これを第1回として毎年1回開催されることに。
  1992年6月
(平成4)
「くさのみ福祉会(仮称)設立準備委員会」が結成される。
  1992年12月
(平成4)
「法人化募金後援会」が発足する。
  1993年9月
(平成5)
廿日市市より土地の無償貸与が確約される。
  1994年6月
(平成6)
「社会福祉法人くさのみ福祉会」が認可される。
「法人化募金後援会」は解散。
  1994年8月
(平成6)
日本自転車振興会からの「公益事業振興補助事業補助金」の交付確定。
「くさのみ作業所」の新築工事着工。
  1995年2月
(平成7)
「くさのみ作業所」工事竣工。
  1995年4月
(平成7)
社会福祉法人くさのみ福祉会の知的障害者授産施設「くさのみ作業所」開所「くさのみ福祉会後援会」発足。
  1995年11月
(平成7)
生活自立訓練事業スタート(廿日市市社会福祉協議会と共同)
  1997年 5月
(平成9)
ショートステイ事業運営委員会発足。(構成団体:廿日市市社会福祉協議会、廿日市市障害児者育成会,くさのみ福祉会後援会,くさのみ福祉会)
ショートステイ事業開始。
  1998年 4月
(平成10)
ショートステイ事業に対する市単独補助金交付決定。
「ハートインハウス」開設。
  1999年10月
(平成11)
グループホーム事業開始。
グループホーム「ムックハウス」開設。
  2000年10月
(平成12)
グループホーム「L&B」開設。
広島県から「障害児者地域療育等支援事業」を受託。
障害児者地域生活支援センター「すまいる」を開設。
  2001年3月
(平成13)
未就学児を対象とする通園事業「おひさま教室」を開設。(月1回)
  2002年10月
(平成14)
グループホーム「ホープ」開設。
  2003年4月
(平成15)
こどもの発達支援センター「すまいる」開設。
  2003年11月
(平成15)
身体障害者小規模通所授産施設「ピクトハウス」開所。
  2005年4月
(平成17)
児童デイサービス「くれよん」開設。
  2006年6月
(平成18)
児童デイサービス「オレンジクラブ」開設。
  2006年10月
(平成18)
廿日市市から「相談支援事業」を受託。
児童デイサービス「おひさま」開設。(事業主体医療法人フェニックス。協働運営)
  2006年11月
(平成18)
広島市から「県立廿日市養護学校放課後対策事業及び障害児いきいき活動事業」を受託。
  2006年12月
(平成18)
「くさのみ20周年感謝の集い」を開催。
  2007年4月
(平成19)
佐伯地域の作業所「夢工房」がくさのみ福祉会に加わり,「ピクトハウス」とともに新事業体系に移行。
  2008年5月
(平成20)
新ケアホーム,ショートステイ「ハートインハウス」開設。
  2009年3月
(平成21)
「ピクトハウス」作業棟増築。
ショートステイ事業「SAIさん家」佐伯地区で開設。
  2009年5月
(平成21)
児童デイサービス「くれよん」から,発達支援教室「くれよん」に変更。
児童デイサービス「オレンジクラブ」から,発達支援教室「くれよん地御前」に変更。
  2009年6月
(平成21)
廿日市市が,あいプラザ内に「廿日市市障がい福祉相談センターきらりあ」開設。市内4委託事業所(当法人 すまいる)が,あいプラザ内に事務所移転。
  2009年7月
(平成21)
ケアホーム「さくら木荘」開設。
  2009年7月
(平成21)
ケアホーム「SAIさん家」開設。
  2010年3月
(平成22)
「くさのみ作業所」新事業体系(生活介護事業)に移行。
  2010年4月
(平成22)
こどもの発達支援センター「すまいる」が,あいプラザ内に事務所移転。
  2011年1月
(平成23)
「くさのみ作業所」開所から25周年。
  2012年4月
(平成24)
障害児者地域生活支援センター,こどもの発達支援センターの名称を「すまいる」から「くれよん」に改称。
  2012年5月
(平成24)
くれよん串戸,ケアホーム串戸,串戸作業所,ケアホーム佐方開設。
  2012年11月
(平成24)
相談支援事業所「くさのみ」開設。
  2013年3月
(平成25)
「くさのみ作業所」増築完成。
  2016年4月
(平成28)
児童発達支援センター「広島西こども発達支援センターくれよん」建設。
「相談支援事業所くさのみ」に「地域相談支援センターくれよん」を統合。
  2016年11月
(平成28)
「くさのみ30周年感謝の集い」を開催。
   
写真入りの「くさのみ30年の歩み」をご覧いただけます。
「くさのみ30年の歩み」(PDF) ( 508KB )
<<社会福祉法人くさのみ福祉会>> 〒738-0033 広島県廿日市市串戸5丁目3-22 TEL:0829-31-2800 FAX:0829-31-2900